• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. しずおか賢人 ホーム >
  2. 観光 >
  3. 伊豆の尾根を歩こう!ガイドさんと行くお花見トレッキング『伊豆山稜線歩道・富士山と駿河湾展望コース』。
2016年03月23日

伊豆の尾根を歩こう!ガイドさんと行くお花見トレッキング『伊豆山稜線歩道・富士山と駿河湾展望コース』。

開催日:

ダイビング&トレッキングぴっころ主催、伊豆のトレッキングツアーをご紹介。伊豆の海に沢山魚がいるのも、美味しい魚介類が食べられるのも、実は豊かな森があるおかげ。山に登れば新しい伊豆の魅力発見すること間違いありません。伊豆の山の中でも、見どころのあるコースをチョイスしたトレッキングツアーです。

伊豆半島の背骨といわれている『伊豆山稜線歩道』(天城峠~だるま山高原レストハウス・距離約35km)のロングトレイルを3回に分けて歩きます。今回は、船原峠からだるま山高原レストハウスの約11km、日本一深い駿河湾と日本一高い富士山を眺めながらの気持ちのよい稜線歩きです。

コースの途中には、マメザクラで有名な金冠山や小達磨山のアセビの花も咲く頃なので、お花見も楽しめます。

また、ゴールのだるま山高原レストハウスから撮った富士山の大パノラマ写真は、日本政府が昭和14年ニューヨーク万博に出品し大絶賛を博しました。富士山の左には、100~60万年前の太古の昔に伊豆半島が本州に激突した時に隆起して出来た赤石山脈(南アルプス)と右には箱根連山を従え、そんなまさに日本一の富士山の展望が楽しめます。

 

DSC_0805達磨大使が鎮座した姿といわれている達磨山

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA下向きに咲く花が可憐なマメザクラ

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA若葉の緑がまぶしいヤシャブシ

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA雪に覆われた伊豆山稜線歩道(3月中旬)。温暖な伊豆でも山の上では、こんな雪景色が見られることも。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAマメザクラでピンク色に染まった金冠山

 

 

【開催情報】

『伊豆山稜線歩道・富士山と駿河湾展望コース』

◆日程:第1回 4月12日(火)

第2回 4月17日(日)

◆集合:だるま山高原レストハウス 9:00

電車の方:伊豆箱根鉄道修善寺駅北口ロータリー 8:30

◆歩くルート:船原峠~だるま山高原レストハウス

(歩行距離:約11km/歩行時間:約4 時間)

◆料金:各4,500 円 (ガイド料、保険料、消費税込)

※2名さま以上で一緒にお申込の場合、500円引き

◆定員:9名(最少催行人数2名)

◆行程表

09:00  だるま山高原レストハウス集合→船原峠へ移動

10:00  船原峠→伽藍山→達磨山(昼食)→小達磨山→戸田峠→金冠山→だるま山高原レストハウス

15:00  解散

※荒天の場合は、中止する場合があります(その場合は前日夕方に連絡)

 

◆持ち物

※山の天気は変わりやすいので、雨や風対策をしっかりしておきましょう!

・ザック(20~30L:脱いだ防寒着が入る大きさのもの)、ザックカバー

・トレッキングシューズ、登山靴(防水透湿性がおススメ)

・雨具上下(ゴアテックスなどの登山用がおススメ、防寒用にもなります)

・防寒着(フリースやダウンジャケット)

・飲料 (1 リットル程度、温かい飲み物もおススメ)

・昼食/行動食(おにぎりやパンなど短い休憩時間に食べられるもの)

・帽子(日よけ、防寒)、手袋(濡れた場合の予備も)、日焼け止め、手ぬぐいなど

・トレッキングポール(1本以上。特に膝が心配な方はご用意ください)

◆問合せ先

ダイビング&トレッキングぴっころ (URL http://www.sts-pikkoro.com/

TEL/FAX:0557-54-2872 携帯:090-3078-8974

メール : mail@sts-pikkoro.com

◆ガイド

三浦早苗

  • 日本山岳ガイド協会認定 登山ガイド
  • 伊豆半島ジオパーク認定 ジオガイド

 

 

 

written by しずおか賢人編集部