• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. しずおか賢人 ホーム >
  2. ライフスタイル >
  3. 歴史を感じる古民家カフェ Mani Cafeでゆるりパンの会に参加してきました!
2016年03月04日 ライフスタイル 体験レポート

歴史を感じる古民家カフェ Mani Cafeでゆるりパンの会に参加してきました!

開催日:

緑豊かな菊川市友田地区にある築130年の古民家。NPO 法人SACLABOにより昨年秋にレンタルスペース併設の古民家カフェMani Cafeがオープン。カフェを担当する川口さん親子がもともとパン屋さんだったことから手作りのパンがおいしいと大好評だそう♪ Mani Cafeでは、歴史ある建物の中でゆるりとパン作りが楽しめる「パンの会」を1月から始めました。今回その第2弾「塩パン作り」にしずおか賢人編集部スタッフが親子で参加して来ました。

JR菊川駅より北東、自然豊かな友田地区に
築約130年の古民家カフェ Mani Cafeがあります。
今回の古民家ゆるりパンの会は「塩パン」作り。

3組親子で参加していたので、子ども4名含めて全員で10名!テーブルを囲み、スタート。

パン作り教室は、2部構成。
最初にパンの生地をこねるところまで準備してあり、そこから焼き上げるところまでをやります。その後、材料を混ぜてから生地をこねるところまでをやり、各自生地を持ち帰り、自宅で焼きます。

DSC_1194
まず、生地をまとめて、ベンチタイム。(10分)
その後8等分して、成型。
川口さんがはじめに手本を見せてくれます。

 

 

DSC_1196

子どもたちも張り切っています。

 

 

DSC_1203

今回はお天気も良いので発酵は縁側で♪
古民家ならではの光景です。

川口さんがなぜ国産小麦にこだわるのか?
冷蔵庫で発酵という方法もあるよ!
など小話を交えながら、和気あいあいと教室は進んでいきます。

川口さんのパン作りを自宅でも気軽に楽しんでもらいたいという思いから
今回はトースターで焼きあげました。予熱なしで楽ちんですね。

 

 

DSC_1228

できたての塩パン 試食タイム。
こだわりの国産小麦と岩塩。もっちもちでとっても美味しかったです。
カブなどお野菜たっぷりのスープとの相性もばっちり。
うちの子どもたちが塩パンをとっても気に入り、作った分すべて完食!
他のみなさんは食べなかった分は持ち帰りされてました。

 

 

DSC_1233

お腹も満たされた子どもたちは庭を駆け回ったり、栗を拾ったり、楽しんでました。

 

DSC_1237
パン作りを教えていただいた川口さん。
温かな雰囲気が印象的でした。

 

今回の2部構成のパンの会、こねた生地を各自持ち帰るので、自宅ですぐに復習ができて良かったです。自分でもう一度やってみて、できると自信になり、またやってみようと思いますよね。
何より予熱なしのトースターだと気楽にできます。

また、築約130年もの古民家で親子で時間を共に過ごせたのも貴重な体験でした。天井を見上げれば立派な梁。先人の知恵、火鉢とも子どもたちは初対面でした。

みなさんも古民家の歴史を感じる空間でゆるりパン作りを楽しんでみませんか?

次回はどんなパンになるのか、今はまだ試作段階だそう。
来月の開催も楽しみですね。

【今回取材したお店】
Mani Cafe

◆営業時間 : 金 土 11:30 – 16:00

◆住所 : 静岡県菊川市友田167 (167 TOMODA KOMINKA 内)

最寄駅JR 菊川駅より車で6分、東名菊川ICより車で9分

詳細は こちら

◆Tel:050-7115-4558

◆Mail: imapann549@yahoo.co.jp

◆blog : http://kotonomama.eshizuoka.jp/

◆Instagram : mani café shizuoka