• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. しずおか賢人 ホーム >
  2. アート・デザイン >
  3. 明治創業の老舗「吉見書店」の目利きスタッフさんがセレクト! 涙のあとには虹もでる♪心に虹を!大人も“泣ける”絵本
2016年07月22日 アート・デザイン

明治創業の老舗「吉見書店」の目利きスタッフさんがセレクト! 涙のあとには虹もでる♪心に虹を!大人も“泣ける”絵本

絵本は子どもだけのものではありません。大人だって同じように、心を動かされたり、癒やされたり、新たな気づきがあったり…。心がジメジメしたときは、いっそ思い切り泣いて、すべて洗い流しちゃいましょう。 静岡ではおなじみ!明治12年創業の老舗書店「吉見書店」さんにご協力いただき、目利きスタッフのみなさんに「大人も泣ける絵本」をセレクトしてもらい、紹介コメントもいただきました。  

写真は「吉見書店 竜南店」のスタッフの皆さん。
本好きには悪い人はいない!やさしい笑顔でお出迎えしてくれました。

 

 

IMG_9380.jpg サムネイル

広々とした児童書コーナーは品揃えも充実!
定番人気の絵本や話題のタイムリーな絵本など、わかりやすくレイアウトされています。

 

 

『ママがおばけになっちゃった』
作:のぶみ/出版:講談社

51Cw9Pw1X9L._SX406_BO1,204,203,200_

子を持つ母親になってから、子どもが自立できるまでは絶対に元気で生きていたいと思うようになりました。子どもを残してもし急に自分がいなくなってしまったら…考えただけで泣けてしまいます。この絵本のママは、突然の交通事故で亡くなってしまいます。ですが、4歳の「かんたろう」のことが気がかりで、おばけになって「かんたろう」の前に現れます。かなり面白いエピソードが語られ、悲しいはずなのに笑いもあり…。大人、とくに子育て中のママが泣き笑いしてしまう一冊です。この絵本のママと同じく、かなりのおっちょこちょいの私。つねに気を付けて生活しなくてはと身の引き締まる思いもしました(女性スタッフ・40代)。

 

 

『こんとあき』
作:林 明子/出版:福音館

515fJqmcr3L._SX385_BO1,204,203,200_

ぬいぐるみの「こん」と女の子の「あき」のやさしい物語。子どもの頃は「私もこんが欲しい!」とひたすら思っていましたが、大人になった今だからでしょうか。健気な「こん」に読みはじめからほろりとさせられます。そして、お互いを思いやる「こん」と「あき」の姿は、心をあたたかくしてくれます(女性スタッフ・20代)。

 

 

『ずーっとずっとだいすきだよ』
作:ハンスウィルヘルム/出版:評論社

Unknown-2

飼い犬とお別れの物語ですが、気持ちを言葉にして伝えることの大切さをあらためて教えてくれる一冊です(女性スタッフ・40代)。

 

 

『ごんぎつね』
作:新美南吉/出版:偕成社

Unknown

きっかけは「ごん」が犯したひとつのいたずら。最後まで思いが通じずることなく迎える結末は、悲しく切なく、今でも涙がにじんでくるほどです。大人になっても忘れたくない日本の名作です(女性スタッフ・20代)。

 

 

『ちょっとだけ』
作:瀧村 有子/出版:福音館

Unknown-1

「ちょっとだけ」を重ね、少しずつお姉ちゃんへと成長する健気な「なっちゃん」の姿にほろり…。そしてラストのお母さんの言葉にぐっときます(女性スタッフ・40代)

 

 

☞ 取材のご協力いただいたのは…

【吉見書店 竜南店】

TEL:054-246-2653

住所:静岡市葵区千代田4丁目3-10

営業時間:9:50~22:00

 

【吉見書店 長田店】

TEL:054-201-3321

住所:静岡市駿河区東新田2-16-22

営業時間:9:50~22:00