• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. しずおか賢人 ホーム >
  2. アート・デザイン >
  3. SPAC「タカセの夢」が、カメルーン公演を経て静岡でラスト公演します!
2014年08月18日 アート・デザイン

SPAC「タカセの夢」が、カメルーン公演を経て静岡でラスト公演します!

SPACでは、8月20日(水)・21日(木)に

「SPAC-ENFANTS(スパカンファン)プロジェクト」による

『タカセの夢』の公演をおこないます。→http://www.spac.or.jp/takase14_summer.html

本プロジェクトは、SPACが、フランスを拠点に国際的な活動を展開する振付家

ダンサーのメルラン・ニヤカム氏を迎え、静岡県の中高生とともに

新しい舞台を創造する国際共同制作プロジェクトです。

「世界中の子どもたちが、未来への希望を取り戻すことができるダンス」をコンセプトに、

あくまで「芸術表現として世界に通用する」高いクオリティーをもった

パフォーマンスを目指しております。

「SPAC-ENFANTS(スパカンファン)プロジェクト」は、2010年にスタートしました。

2012年に新たなメンバーを加えて新体制となり、3年目を迎える本年は、

GWに実施したSPAC主催「ふじのくに⇄せかい演劇祭2014」で本作を上演いたしました。

また、おかげさまで、8月11日(月)ならびに12日(火)には、演出家ニヤカム氏の故郷

カメルーンでの公演を成功させております。

今回の静岡公演は、このカメルーン公演を経ての地元での凱旋公演となります。

10612809_673771572697432_3181440216145288253_n

【SPAC-ENFANTS『タカセの夢』 2014年8月公演情報】————-

<静岡公演>

日時:2014年8月20日(水)18:45開演
8月21日(木)14:30開演

会場:舞台芸術公園 屋内ホール「楕円堂」

※8/20開演の30分前より、宮城聰(SPAC芸術総監督)と横山義志(SPAC文芸部)による
カメルーンツアーの報告会を行います。

※8/21終演後に、メルラン・ニヤカム氏(振付・演出)とスパカンファンを交え、
アーティスト・トークを行います。

会場:舞台芸術公園 屋内ホール「楕円堂」

編集部コメント

今日の、子供達の取り巻く環境はデジタル社会の真っただ中に生まれ、生まれたときからITに接してきたため「デジタルネイティブ」世代とも呼ばれている。デジタルネイティブ世代の子どもたちを取り巻く環境は、携帯電話・インターネット・テレビゲームなど、身体を介さないコミュニケーションがあっという間に拡大してしまったせいで、他の人とコミュニケーションを取りにくくなっているそうです。
振付家、ニヤカムさんは言う。~身体の時間が、バーチャルな時間によって次々と置き換えられていく。日本はこの現象を最も早く経験した国だったのかも知れない。気がつくと、ここ数十年のあいだに、テレビゲーム・アニメ・漫画を通じて、世界の子ども文化はすっかり日本の発明品によって席巻されてしまった。~
この練習を通じ、参加する子供達は大声を出し、笑い、無邪気に走り回る~。子供の定義があるのかはわかららないが、ニヤカムさんは本来の子供の姿を、ダンスを通じて、静岡の子供たちに教えているのかもしれないですね。