• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. しずおか賢人 ホーム >
  2. アート・デザイン >
  3. すずきちえ~非売品なのが残念ですが、ちえさんの作品をご紹介!
2015年03月30日 アート・デザイン

すずきちえ~非売品なのが残念ですが、ちえさんの作品をご紹介!

1999年、駿河塗で伝統工芸技術秀士の佐野成三郎氏に弟子入り。森英恵の目にとまったことが大きな転機に。 伝統工芸をクリエイター目線で、発展させ海外にも目を向けその伝統を守る。

Facebook art challenge5
‪#‎5days‬ art challenge
3日目
ちょっと日があいてしまいました。
今回は非売品の下駄を紹介します。
過去の作品が多くてすみません。
その他、ホームページでも紹介していますので是非ごらんください。
http://chee-lab.com/
①シンデレラ
樹脂の下駄の中に金魚がいます。
シンデレラの下駄なので片足しかありません。

tie1
②ちきゅう
緑や花が沢山ある地球をイメージして。
下駄の上には、黒兎がいますが、現在は他の動物を展示しています。

tie2

③ひなまつり
静岡を意識して制作しました。
高さ約28cm、富士山、吊るし雛、お内裏様とお雛様が描いてあります。

tie3

④(⑤枚目写真も)まったりパンダ
片足で一頭のパンダになっています。
鼻緒の上には稼動できるパンダが数頭。
粘土と和紙でできています。

tie4tie5

⑤天狗
写真は一部しか見れませんが、一本歯の歯の部分に片面は天狗の顔、片面は天狗の羽団扇の八手をイメージしています。

tie6

⑥般若と万眉(まんび)
どんなに綺麗な女性も嫉妬に狂うと般若になってしまう、という二面性を表現しました。

tie7

⑦鳳凰
鼻緒に鳥の羽根をあしらってあります。

tie8

⑧羊
こちらは、特大の爪がけです。
片方はあえて色を入れず真っ白な仕上がりです。(写真奥)
本来爪がけは、雨避けのための下駄のつま先に着けるカバーですが、これは、年賀状用に2015年に制作してみたものです。

tie9

次にご紹介するのは、かんざし作家の「ちゃいず」さん(加藤修さん)です。
ゴージャスなものからシンプルなものまで用途に合わせて楽しめるかんざしです。
— 加藤 修さんと一緒です。

編集部コメント

どの作品も全くイメージが違って、同じ作家が作ったと思えないようなバラエティーに富んだ作品ですね(#^^#)
シンデレラは以前もご紹介したことがありますが、本当に繊細で、美しくて、私が一番好きな作品です。
皆さんはどの作品がお好きですか?
作品の背景にはストーリーがあって、見る人の想像力を掻き立ててくれます。
是非実物をじっくり見てみたいですね♪