• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. しずおか賢人 ホーム >
  2. ライフスタイル >
  3. 大河ドラマ井伊直虎ゆかりの地で、iPad撮影・動画編集にチャレンジしてきました!
2016年12月28日 ライフスタイル 体験レポート

大河ドラマ井伊直虎ゆかりの地で、iPad撮影・動画編集にチャレンジしてきました!

みなさん、『動画撮影・編集』と聞くとどんなイメージがありますか?写真と違って難しそうだと思う方も多いかもしれませんね。 でもiPadひとつで簡単にできちゃうんです。浜松のNPO法人ITOE主催の2日間の講座で、動画撮影・編集のノウハウを教えていただきました。

1日目 撮影の仕方を学ぼう!

目白大学講師の西尾典洋さんから、まずは動画配信の現状や画角(被写体が画面内でどれぐらいの大きさになっているかを表すもの)撮影のポイントを説明していただきました。

テレビをリアルタイムで見る時代から録画して好きなときに見たり個人が動画を発信する時代へと変化してきていることや、ひとつの映像作品を作るのにはただ撮影するだけでなく、事前のリサーチや企画が必要であると学びました。

次にバストショットやクローズアップ等の画角を考え、実際にiPadを使って撮影をやってみました!初めてのiPad操作、ちょっと緊張です。

※iPadは持っていなくても借りることができるので安心です。

dsc_1271

2人組になってお互いにインタビュー撮影と編集作業をします。カットしたい部分も画面タッチですぐに消すことができます。そこにテロップ文字やBGMも入れ、ひとつの動画が完成です!

完成した動画を講師の西尾さんにチェックしてもらい、分かりやすく指導していただきました。テレビのニュース映像とは見劣りするものの、全員が初めての撮影とは思えない仕上がりになりました。

この日の最後に、翌日撮影に行く龍潭寺(りょうたんじ)と女城主、井伊直虎(いいなおとら)のことを学びました。直虎は、一族が次々と亡くなる中で存亡の危機を乗り越えるため城主となった女性。2017年のNHK大河ドラマの主人公だそうです。

dsc_1290

 

2日目 龍潭寺(りょうたんじ)を撮影して編集しよう!

まずは取材から始まりました。見学しながら歴史ガイドの鈴木厚夫さんから龍潭寺にまつわるお話を聞きます。

dsc_1307

ここはお寺ですが、砦としての役割もあったため外敵から攻められにくいように通路がジグザグになっていたり、うぐいす張りの廊下にしているのだそうです。

ぐるっとお寺を見学した後は、いよいよ撮影開始です!初めて訪れる場所、観光客も多い中での撮影なのでなかなか思うようにいかない場面もありましたが、みなさん頑張って撮影に取り組みました。

dsc_1337

撮影が終わり、次は引佐多目的研修センターに移動して編集作業に入ります。

dsc_1362

1日目に習った編集作業を活かしつつ、自分の声でナレーションを録音をして、動画に組み込みます。

動画のテーマとなる、『視聴者に伝えたいこと』がなかなか決まらず、みなさん苦戦していました。前日の講座で説明があった、取材時のリサーチや企画が大事だということもここで実感しました。

 

そして最後に完成した動画を上映です。みなさん同じ場所で撮影して作った動画でも、それぞれに力を入れた部分が違って、それぞれに個性があり面白かったです!

dsc_1372

 

完成した動画作品はこちら

 

映像作品はいろいろな技術が詰まっているのですね。普段何気なく見ていましたが、今回の講座に参加して少し見方が変わりそうです!

そして、iPadひとつでここまでできるとは思いもしませんでした。今回実際に撮影してみて以前よりも動画が身近になった気がします。

これからはお出かけしたときに写真だけでなく動画も撮ってみようかなと思いました!

 

主催者からのメッセージ

動画講座は「動画講座×観光」をテーマとして、地域の方の情報発信力の向上と自分たちの地域を知ってもらうことを目的としています。今回は井伊直虎菩提寺である「龍潭寺」を取り上げて講座を実施しました。

浜松市には魅力的な場所が多くありますので、講座で動画の作り方を学んでもらい、多くの人が自分たちで地域の魅力を発信できるようになってもらえればと考えています。

 

【今回参加したイベント】
井伊直虎ゆかりの地「龍潭寺」を”iPad”で撮影して発信しよう!
◆開催日:2016年12月3日・4日(土・日)
◆会場:1日目:Any(浜松市中区千歳町91-1)・2日目:龍潭寺、引佐多目的センター
◆参加費:1,000円+(龍潭寺拝観料:500円)
◆ホームページ:NPO法人ITOE(いとえ)http://www.itoe.jp/

written by しずおか賢人編集部スタッフ N.K