• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. しずおか賢人 ホーム >
  2. ライフスタイル >
  3. 気軽にプチ役者体験☆声に出して楽しむ演劇の世界!
2017年01月13日 ライフスタイル 体験レポート

気軽にプチ役者体験☆声に出して楽しむ演劇の世界!

開催日:

静岡県舞台芸術センター(Shizuoka Performing Arts Center : SPAC)は、専用の劇場や稽古場を拠点として、俳優、舞台技術・制作スタッフが活動を行う静岡県立の劇団です。SPACでは演劇を身近に感じてもらうため、俳優の出張企画を行っています。今回はかねてからこの企画に興味を持っていたしずおか賢人編集部スタッフがシェイクスピア晩年の悲喜劇『冬物語』のリーディング・カフェに参加して来ました!

牧之原・静波にある多目的スペース「凛・百花春」。 師走の平日の夜。忙しい時期でもここには続々と人が集まってきました。 SPAC俳優の出張企画、リーディング・カフェ。「凛・百花春」で9月に開催された会が大好評だったので、早速2回目が開かれました。 リーディング・カフェは、各地のカフェやレストラン、ギャラリー、交流スペースなどで、SPAC俳優とおしゃべりをしたり、お茶を飲んだりしながら、参加者同士が声に出して戯曲の読み合わせを行い、気軽に演劇体験ができる企画です。 まず、SPACのスタッフ、仲村さんからSPACについての説明や演劇情報があり、リーディング・カフェのナビゲーター役、俳優の横山央さんの自己紹介。 その後、参加者14名の自己紹介。他の場所でお話の会を主催している方や、子育て真っ最中のママさん、バドミントン仲間、など演劇を専門にされている方だけではなく、ちょっと興味があるという方々も集まりました。参加者のみなさんは、前回に引き続き参加される方、今回が初参加の方と半々位でした。

????????

今回の戯曲はシェイクスピアの晩年の悲喜劇『冬物語』。自身も俳優として『冬物語』に出演される、ナビゲーターの横山央さんが登場人物の相関図をもとに説明してくれます。

??????????????????????

場面ごと、順番に登場人物を割り振り、台詞を声に出して読みます。普段口にしないような言い回しもあったり、意外と難しいのですが、みなさんその役になりきって、結構な迫力でした。

 

???????????????????????????????

シェイクスピアの物語そのもののおもしろさに続きが気になります。お茶を飲みながら、日常を忘れ、戯曲を楽しむ。贅沢なひとときがそこにあります。

???????????????????????????????

SPAC俳優、ナビゲーターの横山央さん。場面に登場する赤子にかけて赤い人形を持参してくれ、場が和みました。私は初めての参加で、ドキドキしていましたが、横山さんの優しいアドバイスで、台詞を口に出して読む、戯曲を味わう、楽しさを知ることが出来ました。

 

リーディング・カフェ。途中の休憩をはさんで、開催時間は約2時間です。束の間の役者気分に浸れました。 私は演劇経験ゼロ&初参加でしたが、違う世界を味わえて楽しかったですよ。 みなさんも、王様やお妃になって、古典の名台詞をバシッと決めてみては?

【今回参加したイベント】

SPACリーディングカフェ 『冬物語』

◆日時: 2016年12月8日(木) 18:30~
◆会場: 凜・百花春
 (牧之原市静波1699番地49(多目的スペース)TEL:0548-22-4524)
◆参加費: 1,500円(ワンドリンク付)
◆ナビゲーター: 横山央(SPAC俳優) ◆お問合せ先: SPAC  HP↓                             http://spac.or.jp/news/?cat=30 Written by しずおか賢人編集部スタッフ