• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. しずおか賢人 ホーム >
  2. ライフスタイル >
  3. イチゴイチエ石神農園の、農薬を減らすこだわりと工夫「天敵資材」とは
2014年09月18日 ライフスタイル

イチゴイチエ石神農園の、農薬を減らすこだわりと工夫「天敵資材」とは

「天敵資材」

一般の方では聞きなれない言葉だと思いますが、イチゴ栽培では一般的に使われている言葉です。
ここでいう天敵とは害虫を食べる益虫のことを指します。
イチゴ栽培において使われている天敵は数種類ありますが、今回はダニの話です。
イチゴの葉には葉の養分を吸う「ハダニ」と言われる害虫のダニが寄生してしまいます。
農薬で殺すこともできますが、やはり農薬には頼りたくない。。。
そこで活躍するのが天敵資材。ハダニを食べる肉食のダニを畑に投入します。
左が肉食のミヤコカブリダニ(商品名スパイカルEX)。
右も同じく肉食のチリカブリダニ(商品名スパイデックス)。

itigo1

この入れ物の中にミヤコカブリダニは約5000匹、
チリカブリダニは約200匹入っています。
ミヤコカブリダニは雑食ですが、寒さに弱い。
ダニがいなくても生き延びられます。
チリカブリダニは寒さには強いですがハダニのみを食べるので
ハダニがいないと死んでしまいます。
↓↓チリカブリダニです。写真では分かりにくいですが、
赤い点がみんなチリカブリダニです。

itigo2

ビニールハウスという特殊な世界で食物連鎖を人工的に作っている感じです。
少々割高ですが、農薬散布回数を減らすための工夫です。

編集部コメント

ダニをダニに食べさせる、食物連鎖を利用した農薬を減らす工夫。すごいことを考えるなぁ~と驚きです。
食べ物に対して信頼ができなくなっている昨今、生産者さんのこういう取り組みは本当に安心できますね。
割高になっても、農薬に頼らないというイチゴ作りへのこだわりは素晴らしい!!
無農薬イチゴができるまで長い道のりかもしれませんが、是非実現させてほしいですね。応援してます!