• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. しずおか賢人 ホーム >
  2. 文化 >
  3. だれでも身近な人を支え見守る人に。ゲートキーパーについて理解を深めよう
2014年09月11日 文化

だれでも身近な人を支え見守る人に。ゲートキーパーについて理解を深めよう

開催日:

『ゲートキーパー』とは、悩んでいる人に気付き、声をかけ、話を聞いて、

必要な支援に繋げ見守る人。9月10日(水)から16日(火)は“自殺予防週間”です。

こんにちは!パーソナリティの飯田みのりです。

先日、8月27日(水)“マイホームタウン島田”では、健康づくり課

の中村 航太(なかむら こうた)さんから詳しくお話しを伺いました。

『ゲートキーパー』は、特別な資格は必要なく、だれでも身近な人を

支え見守る人になることができます。

関心をお持ちの方は、9月25日(木)午後7:00~8:45

焼津市総合福祉会館 多目的ホールで県民を対象に研修会が行われますよ。

gk_copy_workshop[1]
島田市職員などが講師になる“ふれあいしまだ塾”でも

ゲートキーパーのポイントやストレス、不眠への対処方法など

を紹介する講座がありますからお問い合わせ下さいね。

もしも、あなたや家族の健康について悩みがあったら、

健康づくり課にご相談下さい。

(健康づくり課 0547-34ー3281)

“マイホームタウン島田”のこれまでの放送は、

島田市のHPからお聞きいただく事ができます♪

 

編集部コメント

日本では交通事故で死亡する人数よりはるかに多くの方が自ら命を絶っている悲しい現実があります。
身近な人のため、大切な仲間のため、できることから始めたいですね。
ストレス対処法や、睡眠のことなど、気軽に相談できる環境作りが地域でも行われているんですね。