• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. しずおか賢人 ホーム >
  2. 文化 >
  3. 本を通じての出会い。水曜文庫の市原謙太さんにお会いしてきました
2014年07月17日 文化

本を通じての出会い。水曜文庫の市原謙太さんにお会いしてきました

2013年12月21日(水)柚木康裕さんに紹介していただいた水曜文庫 市原謙太さんにお会いしてきました。

市原さんは昨年、お勤めになっていた書店を退職し、今の水曜文庫をオープンされた本への造詣の深い方です。
今回の対談は本が好きな者同士楽しい時間が過ごせたのではないかと思います。

具体的には本を選ぶ時にどのように選ぶか、
本を読んでいて面白いと思うときはいつか、
また市原さんが書店員時代に実際に作家さんに講演などを依頼された時のエピソードなど共感と羨望の嵐でした(笑)

時間にして1時間弱だったと思いますが、
本好きとして一回り大きくなったような気がします(笑)

またこのプロジェクトについても
「本多孝好さんにあったときどうしたいの?」
「紹介してもらう人に紹介したいって思わせるにはどうするの?」
など鋭い質問をされ、回答を準備していたにもかかわらず、たじたじでした。

でもこういう質問がこのプロジェクトで会う方たちの素直な疑問なんだろうな、
と改めて自分のプレゼンテーション能力に磨きをかけなければとふんどしを締め直す思いでした。

やはり社会人の方を対話するのは普段のものとはひと味もふた味も違うようです。
次回もどんな気づきがあるのか楽しみで仕方がありません!

編集部コメント

年代の違うお二人が、「本が好き」という共通点によってつながった瞬間、
学生の彼の中で生まれたこれまでにない感情が新鮮で、純粋で、素敵ですね。
素直に吸収していく柔軟性は、ホント、見習わなくては!