• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. しずおか賢人 ホーム >
  2. アート・デザイン >
  3. 【日刊!変身】残る公演はあと2回!進化し続ける”変身”、1度観てくださった方にも今の『変身』をぜひ観て欲しい!
2014年12月18日 アート・デザイン

【日刊!変身】残る公演はあと2回!進化し続ける”変身”、1度観てくださった方にも今の『変身』をぜひ観て欲しい!

SPAC-静岡県舞台芸術センターは、静岡芸術劇場(静岡県コンベンションアーツセンター(グランシップ)内)および舞台芸術公園や専用稽古場を拠点として、専属の俳優、専門技術スタッフ(劇団SPAC)が活動を行い、また国内外の優れた芸術家や劇団の招聘、若手芸術家の育成を目指します、公立文化事業集団です。

【トキドキ刊!『変身』】 「今」の『変身』
Filed under: 変身
みなさま、こんにちは。
制作部の山川祥代です。

『変身』公演ですが、
おかげ様で多くの方にご来場いただいております。
そして日々進化してゆく、作品。
最初にご覧になった方も、油断できませんよ!
場面が、台詞が、
きっと少し、いや大分違うかも?
舞台は「生もの」だということを
痛感させられる毎日です。
「あの」ときの、「あの」舞台は
「あの」ときのあなたでしか観られない。
「今」の『変身』はどうなっているでしょうか?

spac1 spac2

公演は残すところ
鑑賞事業公演2回(18日・19日)、
一般公演2回(20日・21日)。
まだご覧になっていない方も、
もう1回観てくださった方も、
「今」の『変身』を観にきてください!
劇場でお待ちしております。

*******************************
静岡芸術劇場<ヘンシン!>記念公演
『変身』
12月6日~12月21日
★公演の詳細はこちら
★12/6(土)、12/7(日)のアーティストトークの映像はこちら
*******************************

編集部コメント

”舞台は生もの”・・・何だかビックリするような言葉ですね~。
脚本もセットも同じはずなのに、最初と最後では全く違うもののように感じられるなんて、
これはまさに「進化」・・・「変身」。
演じる人たちの中にだんだんと役がしみ込んで、表現や解釈が変わっていく、ということなのでしょうか。
リピーターの方ならではの楽しみ方もあるのでしょうね。
地元での長期公演ならではの贅沢な楽しみ方ですね。